ホーム > 会議資料 > 科学委員会+各WG

 知床世界自然遺産地域科学委員会

知床の自然環境を把握し、科学的なデータに基づいて海域と陸域の統合的な管理を行うために必要な科学的助言を得るために、平成16年7月8日に設置された学識経験者や行政機関で構成される会議です。本委員会の下には急務の課題に対応するために目的別に3つ(エゾシカ・陸上生態系海域適正利用・エコツーリズム)のワーキング・グループ(WG)と、1つ(河川工作物)のアドバイザー会議(AP)が設置されています。また、平成22年度及び平成23年度は特別な作業チームとしてヒグマ管理方針検討会議も設立されました。



 エゾシカ・陸上生態系ワーキンググループ ※2010(平成22)年度に名称変更

知床半島におけるエゾシカ・陸上生態系の管理について議論しています。
※2010(平成22)年度に「エゾシカワーキンググループ」より名称を変更



 海域ワーキンググループ

漁業、サケ、海生哺乳類などの生物を総合的に含めた知床半島における海域の管理について議論しています。



 河川工作物アドバイザー会議

河川工作物ワーキンググループのフォローアップを実施しています。



 河川工作物ワーキンググループ  ※2007(平成19)年度で役割を達成し終了

知床半島における河川工作物について災害防止と陸と海の生態系をつなぐ魚類の遡上の観点から議論しています。
※2007(平成19)年度で一定の役割を達成したため終了し、その後のフォローアップは河川工作物アドバイザー会議が引き継ぐ



 適正利用・エコツーリズム ワーキンググループ

エコツーリズム戦略の検討および、海域や先端部の適正利用や、利用と野生生物(ヒグマ等)とのトラブルの解消、リスク管理などについて議論しています。知床世界自然遺産地域連絡会議適正利用・エコツーリズム部会と合同で知床世界自然遺産地域適正利用・エコツーリズム検討会議を組織しています。



 ヒグマ保護管理方針検討会議  ※2011(平成23)年度で役割を達成し終了

ヒグマが高密度に生息する知床半島において、ヒグマ個体群を健全に保全するとともに、利用者、地域住民との軋轢を解消するため、基本的な保護管理方針を検討すること目的としています。
※2011(平成23)年度でヒグマ保護管理方針を策定したため終了し、その後のフォローアップは知床世界自然遺産地域連絡会議ヒグマ対策連絡会議に引き継ぎます。